結婚指輪選びQ&A素敵なマリッジリング

  • ホーム
  • サイト案内
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

結婚式の引き出物は量を考える

多くの引き出物を入れてしまうと、持って帰るのが難しくなります。来てくれた人が、重いものを持って帰るのはかなり難しいことで、できる限り量は制限した方がいいです。多すぎることがないように、自分で持ってから考えるといいです。

重すぎると思っているなら、何を減らした方がいいか相談して、少し減らすことも考えてください。袋に入る程度に調整しなければなりませんが、袋に大量に入れると重すぎて持っていくことは難しくなります。余裕をもたせつつも、重さをあまり感じないように調整して、結婚式の引き出物として提供することが望ましいです。

結婚式費用にもやさしい宅配の引き出物とは

最近では引き出物の形態が変わりつつあります。予め折菓子や引き出物を箱につめたものを直接、ゲストの自宅へ届けてくれるシステムがあります。中身の商品は、その会社で取り扱っている商品ですが、幅広い商品の中から予めお二人で選定したものを、個々に箱詰めして贈れるため、特別な方には少し、高価な品を選ぶこともできます。

もし、同じ商品を結婚式場に持ち込みすると、手提げ袋代や、持ち込み料などもかかり、高くついてしまうものです。また、他のお店で買ったものでも、一緒に箱詰めすることができますので、何件か少しこだわった贈り物にしたい場合でも利用できます。

結婚式での引き出物とは

従来の引き出物は、結婚式の記念品としての意味合いもありましたので、出席者には同じものを贈っていました。ご祝儀の金額によっては、数を増やすなどの対応をしていました。以前は高価で小さな逸品よりも、大きな荷物でかさばる物を用意した方が、縁起が良いと言われていました。

しかしながら、最近の傾向としては、遠くから来るゲストや2次会などが開催などになり、移動がしづらいことから、コンパクトにまとまる様にする新郎新婦も増えています。また、カタログギフトを採用される新郎新婦も増えています。時代とともに引き出物の在り方も変化しています。

結婚式の引き出物に持ち込み料がかかる理由とは

結婚式を挙げる際に一からこだわりたい新郎新婦もいるかと思います。最近では手作り婚などをする人たちもいて、その形は多様化しています。しかしながら、まだまだ従来の形を取り入れている結婚式場も多く、保守派の人たちもついついしたがっています傾向もあります。

引き出物の持ち込みは、トラブルが発生してしまう可能性があり、式場側も困ってしまうからです。式場側と提携がある業者ならばすぐに対応することができますが、持ち込みの際にはその様な対応が困難となるからです。業者によっては持ち込み料を負担してくれたりもします。いずれにせよ、式場側にも相談してみる事が大切です。

結婚式の引き出物と鰹節

結婚式の引き出物の中にメインの引き出物と、縁起菓子と、それとは別に鰹節が入っているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。なぜ鰹節が入っているのかご存じでしょうか?実は鰹節は縁起物なのです。

かつおには背中から取ることができる「男節・雄節」とお腹から取ることができる「女節・雌節」と呼ばれるものが存在しており、こちらはそれぞれ必ず対になるものとしか形が合わないと言われています。その姿が新郎新婦の堅い絆を象徴するのにピッタリと考えられているので縁起物なのです。また当て字が沢山存在しており、【堅魚節】【勝男武士・勝男節】などがあります。

結婚式の引き出物について

結婚式を行う際に気がかりとなる点はいくつかありますが、その中でもゲストに対しての引き出物は、新郎新婦のセンスが大きく出るところになります。ゲストの人数が多い場合は、なおさら年代や好みが分かれてしまいますので、選ぶことに苦労してしまうかもしれません。

その様なケースにおいておすすめなのが、マイプレシャスのカタログギフトです。マイプレシャスでは、一般的なカタログだけではなく、性別やジャンルなどによってセレクトできますので、ゲスト一人ひとりに対してセレクトすることが可能になります。詳細については、プランナーさんに相談したりすることをおすすめします。

引き出物に関する記事