結婚指輪選びQ&A素敵なマリッジリング

  • ホーム
  • サイト案内
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

1.5次会を行える結婚式場

海外の結婚式場でウェディングを行った場合には、たくさんの友人を招待するという事が難しい事もあります。遠い国に行くのであれば、都合が付く人でないと行くのが難しいでしょう。

また、海外の挙式では人を招待しないで自分達だけで挙式を挙げる事もあるみたいです。親しい人は報告だけという事になり、ちょっとさみしいですね。

そこで、海外で挙式を行った後に帰国して、たくさんの友人などを招待して開くのが1.5次会です。

2次会よりもしっかりと行われるので、結婚式場を利用して行う事もある様です。挙式や披露宴の様にこれと言ってやるべき事というのは決められていないそうです。

また、おしゃれなレストランの様な場所を利用して小規模で行う事もあります。

結婚式場のすべて含まれた撮影プラン

結婚式場で撮影した写真は後々まで残りますから、プロのカメラマンに依頼して撮ってもらった方がよいでしょう。後で見返したときの後悔がありません。ドレスやタキシードなどの衣裳もヘアメイクも、すべて含まれた撮影プランがあります。

背景も、好きな場所で撮ることができます。台紙付きで仕上げてもらえますし、アルバムにまとめてくれます。好きなポーズの焼き増しなども、自由にできます。このようなプランを選択すれば、結婚式場に行くだけですむでしょう。結婚式を挙げる予定はないけれど、記念の写真だけ残したいと考えている方にもオススメです。

結婚式場が行うブライダルフェアに参加し理想の結婚式を

結婚式場によっては、ブライダルフェアを開催しているところがありますので、決めかねている方は足を運ばれてはいかがでしょう。

例えば、模擬挙式を体験することができたり、シェフが作った料理を実際に試食できたり、挙式と披露宴を行う会場を見学できるなど、無料にて提供しているところがありますので、一度参加されるのもいいでしょう。

さらには、演出が体験可能なところや、引き出物が展示されているところがありますので、結婚式場が開催しているブライダルフェアへ訪れて、実際に二人で確かめ理想のプランを相談されてはいかがでしょう。

結婚式場はニーズが減少

結婚式場という言葉をあまり使わなくなりました。結婚式をあげないカップルが増えており、家族だけで集まってレストランなどで食事をして終わりというパターンが多くなっています。

また、一緒に住むだけで法律婚をしないカップルも出てきており、日本人の考え方は多様化が進んでいます。フランスでは、婚外子の方が多くなっており、法律婚という形をとらないカップルの方が多くなっています。

子どもができたから結婚するいわゆる「できちゃった婚」は日本や韓国特有のものであり、欧米などでは法律婚をせずに子どもを産むことが一般的になっています。

初めの一歩は結婚式場選びから

結婚式を行う場合、まずは式場選びから始まります。ホテルや専用の式場などいくつかのスタイルがあるので、インターネットで基本的な情報を集めたあと、実際に結婚式場まで足を運び、見てみることが大切です。大きさや雰囲気などを確認し、担当スタッフに特徴について説明を聞いてみると良いでしょう。

また結婚式場では閑散期などに模擬挙式を行っています。実際の式の流れにそって行われる模擬挙式はイメージをつかむのに大変有効です。披露宴の様子もセットで行われることが多いので、全体の様子がわかるでしょう。もちろん、費用の比較も大切です。

結婚式場の選択はアクセスの良さも考えて

結婚が決まったら、次は結婚式場を決定することになります。二人の希望を叶えられる式場を選ぶ過程はまた幸せなものです。理想の結婚式を実現できるかどうかは式場選びでは重要な点であると言えるでしょう。

しかし、結婚式は自分たちのものであると同時にゲストも招待します。こだわりを優先するあまりアクセスが良くない場所になってしまっては、招かれる側は不便な思いをしてしまいます。招待客は遠方から来る人もいるでしょうし、また重い引き出物を持ち歩くにも、交通の便がいい方が喜ばれるでしょう。

式場を選ぶときには、来るのに便利な場所にあるかどうかも考慮する必要があります。

結婚式場に関する記事